日本リサイクルマネジメント/横浜にプラスチックリサイクルの新工場竣工

2005年03月17日 

JFEエンジニアリング(株)の、環境リサイクル事業における中核会社である(株)日本リサイクルマネジメント(以下:RMJ)は、JFEエンジニアリング鶴見事業所内に横浜市のプラスチック製容器包装(ペットボトルを除くその他プラスチック製容器包装)の中間処理施設が3月末に竣工し、4月1日から営業を開始する。

RMJが横浜市から受託した業務内容
・容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)に基づき、横浜市が分別収集した「その他プラスチック製容器包装」を、破袋・選別・圧縮などの工程を経て圧縮固縛(ベール化)する業務です。

・同社に搬入される対象物は、横浜市の北部地区(青葉区、緑区、都筑区、港北区、鶴見区、神奈川区、西区、南区、中区の9区、人口約175万人)から分別収集される、約3万トン/年のその他プラスチック製容器包装。

・「その他プラスチック製容器包装」は、飲料・醤油用ペットボトルおよび白色トレイを除くプラスチック製容器包装。

竣工した工場の概要
敷地面積:約10,000m2
建築面積:約5,000m2
処理能力:134.1トン/日
主要設備:破袋機1基、揺動式粗選別機1基、手選別コンベヤ2連、圧縮梱包機2基、搬送コンベヤ7連、貯留ヤード、ベールヤード

最新ニュース

物流用語集