ビズネット/富士ゼロックスブランド商品の一部物流管理を解消

2011年02月05日 

ビズネットは2月4日、富士ゼロックスインターフィールドのEサプライ事業について、富士ゼロックスブランド商品の在庫管理と物流オペレーションサービスの提供について解消を決めた。

2007年11月に、富士ゼロックスと子会社の富士ゼロックスインターフィールドと提携によりEサプライ事業展開していた。ビズネットでは3年以上にわたり業務提携に基づく事業展開に積極的に取組んでいた。

今回、今までの成果や今後の3社の事業方針をふまえ協議を行った結果、提携の内容であるシステム提供や在庫管理と物流オペレーションサービスについて見直しを行ったもの。解消時期は5月21日。

なお、このほかの内容についても継続的な協議を行っており、包括的業務提携契約は継続しており、ビズネット商品の販売てはこれまでどおりの契約となる。

今後の事業展開については、ビズネットが今後集中強化を図るソリューション・サービスの営業展開
など新たなスキームを協議していく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集