中国の東風ホンダ/アフターサービス向け倉庫管理システム導入

2011年02月17日 

サービジスティクスアジア(以下: サービジスティクス)は、中国・武漢の東風本田汽車(以下:東風ホンダ)が、サービジスティクスのアフターサービス向け倉庫管理システム「Servigistics Warehouse Management」を採用し、導入を開始したと発表した。

稼働開始は6月を予定。

東風ホンダは、中国市場での急激な需要増大に対応するため、既存工場の年間生産能力を24万台まで向上させるとともに、昨年末には第2工場の建設を決定。2012年後半の第2工場稼動開始時には6万台、将来的には24万台の生産能力まで拡大する。

これと比例するように、修理部品の迅速な供給に対するニーズが急速に高まってきたことから、武漢にある本部倉庫で、パーツ管理効率化のためのシステムを採用することにし、導入作業を開始したもの。

これまで東風ホンダは、部品倉庫の管理作業の一部のみでハンディターミナルを用いてきた。今後は全行程の作業をハンディターミナル上での処理に置き換え、修理部品管理の作業効率と在庫精度を大幅に向上させ、翌日配送を実現するサービス品質の維持・強化を図るとしている。

6月の稼働開始後は、約200人の社員が 「Servigistics Warehouse Management」を利用する予定だ。

さらに武漢の本部倉庫での導入が完了した後には、中国全土に広がる東風ホンダの5か所の倉庫すべてに順次導入を展開していく計画。

「Servigistics Warehouse Management」はこれまで欧米において多数の企業で利用されてきたが、アジア地区での導入は今回が初めてとなる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集