三菱ふそう/北米市場で新型キャンター発売

2011年03月09日 

三菱ふそうは3月9日、北米市場で小型トラック「新型キャンター」の発売を開始したと発表した。

<新型キャンター(北米仕様車)>
20110309fusou - 三菱ふそう/北米市場で新型キャンター発売

昨年11月に日本国内で発売を開始した「新型キャンター」は、軽量、高効率で、低燃費を特長とする排気量3リットルの新開発「4P10」型ディーゼルエンジン、「BlueTecシステム」(再生制御式DPF+尿素SCR)採用した。

トラック世界初となるデュアルクラッチ式トランスミッション「デュオニックを搭載。また、内外装を一新するとともに、フレーム、サスペンション、ブレーキシステム等の改良を行い、軽量化および安全性能の向上を図っている。

北米市場では、昨年設立25周年で販売10万台を達成した、販売子会社のMitsubishi Fuso Truck of America, Inc.(以下:MFTA)の約200拠点の販売網を通じ、米国・カナダ・プエルトリコで販売を開始。また、今回初めて北米において「Canter」のブランド名で展開する。

なお、生産はMFTBC川崎工場(川崎市中原区)で行い、完成車として輸出する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集