日立物流、近鉄エクスプレス/業務提携、合弁会社を設立

2011年05月11日 

日立物流と近鉄エクスプレスは5月11日、業務提携と合弁会社の設立を決めた。

3PL事業を強みとする日立物流とフォワーディング事業を強みとする近鉄エクスプレスの相互補完・協業を進め、顧客ニーズへの対応力強化と企業価値向上を図り、厳しさを増すグローバル物流市場で継続的な成長を目的としている。

両社は、事業戦略・地域戦略に応じて、互いを重要なパートナーとして位置づけ、協業による高次のサービス提供体制を構築していく。

また、提携の一環として、両社共通の事業戦略での合弁会社を設立すると共に、両社合同にてワーキンググループを組織し、合弁会社のスムーズな設立や協業分野の検討を行っていくとしている。

合弁会社の設立は、社会インフラ・エネルギー関連を中心とした海外プロジェクト案件や、グローバルサプライチェーン最適化に向けた企業の海外移転への対応を目的とし、プロジェクトカーゴ領域における営業・エンジニアリング・プロジェクトマネジメントを対象とする。

合弁会社の概要
名称:未定
所在地:東京都江東区東陽7-2-14
代表者:代表取締役社長松崎裕一
事業内容:プロジェクトカーゴの営業、コンサルティング、エンジニアリング等
資本金5000万円
設立年月日:2011年7月1日(予定)
出資比率:日立物流51%、近鉄エクスプレス49%

最新ニュース

物流用語集