大成建設/建物の使用電力「見える化」システム開発

2011年07月12日 

大成建設は7月12日、建物運用時のCO2排出量を最少化し、使用電力の削減やピークカットに効果を発揮するシステム「T-Carbon Conductor(ティ・カーボン・コンダクター)」を開発した。

<T-Carbon Conductorの目標設定イメージ画面>
20110712taiseikennsetsu - 大成建設/建物の使用電力「見える化」システム開発

システムは、建物の年間CO2排出量の削減運用を自動化できるソフトプログラムで、建物の中央監視システムや自動制御システムなどと連携することで、今夏の15%節電対策とCO2削減を同時に解決する。

建物の照明・空調機・換気機・冷凍機・生産装置・コンプレッサーなど付随する機器類など、建物内すべての電力使用量・ガス使用量・油使用量をリアルタイムでモニタリングする。

あらかじめ設定した目標値に合わせて、照明制御システムへの節電運転指令(照度設定変更など)や空調システムへの節電運転指令(エアコンデマンド制御・温度設定変更など)を自動的にコントロールする。

照度設定など細かい制御機能がない施設では、エリア別、時間別による計画的な消灯や空調機の稼働によって、ピークカット・ピークシフト運転も行うことができ、15%の削減を目標値として設定すれば、現在課題とされている節電対応にも対応できる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集