LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

佐川急便/銀座で京都観光PRキャラバン

2011年09月13日/未分類

佐川急便は9月13日、銀座において京都観光PRキャラバン「飛脚が京の風をお届けします!祇園佐川急便in銀座」を実施した。

<21名のスタッフが銀座6丁目サービスセンター前で>
20110913sagawa1 - 佐川急便/銀座で京都観光PRキャラバン

これは、東日本大震災などの影響もあり、京都観光の人出が減少していることに対して、佐川急便が創業の地ということから、京都商工会議所を通じて京都観光PRに協力することになったもの。

実施に先立ち、祇園佐川急便の北浦センター長は「祇園佐川急便独自の接客技法である、和のおもてなしで飛脚のこころと京都の良さを伝えていきたい」と話し、京都商工会議所の神保課長は「京都好きから京都大好きに」と訴えるポスターをかざし、「東京でPRしてもらうことを大変うれしく思います」と語った。

<佐川急便祇園の女性スタッフも参加>
20110913sagawa5 - 佐川急便/銀座で京都観光PRキャラバン

<銀座5、6、7、8丁目が銀座6丁目サービスセンターの担当となる>
20110913sagawa4 - 佐川急便/銀座で京都観光PRキャラバン

当日、佐川急便銀座6丁目サービスセンターでは、京都の「祇園佐川急便」オリジナルユニフォームに身を包んだスタッフ21名が揃い、「祇園佐川急便」限定の三輪自転車や台車を使って通常の集荷・配達業務を行い、京都商工会議所発行の京都観光マップ・チラシを顧客に届ける。この1週間は常時5名のスタッフが担当する。

<顧客に配達。その後観光パンフレットを渡す>
20110913sagawa7 - 佐川急便/銀座で京都観光PRキャラバン

期間は1週間を予定しており、今後状況を見て全国に広げていく方針だ。

なお、サービスセンターとは、主に大都市圏の都市部を中心に、トラックなどを使用せずに、台車や三輪自転車を用いてきめ細かく集配を行うサービス拠点。トラック4~5台分のエリアを担当する。また、自動車免許を必要としないため、多くの女性従業員が勤務している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

未分類に関する最新ニュース

最新ニュース