バロー/2012年春に静岡県島田市に物流センター着工

2011年09月30日 

バローは2012年春を目途に静岡県島田市に「バローグループ静岡総合センター」(仮称)を着工する。

川野篤之副社長が9月30日、本紙の取材に答えた。バローは28日、島田市が造成中の谷口工業用地を取得する覚書を交わしている。

取得予定面積は約1万4096坪。施設は物流センターを中心に、グループ子会社の惣菜工場と取引先の豆腐製造工場を配置する予定だ。総投資額は、土地代約11億円を含む、約55億円。

川野副社長は新施設について、「物流センターを真ん中に配置し、製造工場と一体の施設とし、製造ラインから直接物流に乗せることができ、物流効率を改善できる施設を目指す」と説明した。

2012年3月に第1期工事として約1万1600坪が造成されるため、同規模のセンターを建設。9月に第2期工事として2400坪の造成が完成し、従業員の駐車場として活用、2013年春の開業を目指すという。工場とセンターをあわせ約400人程度の従業員を雇用する予定だ。

新センターは、愛知県東部と静岡全県と神奈川県西部までをカバーし、約50店程度まで対応する予定だ。現在、バローは静岡県内で直営で11店、グループ会社の食鮮館タイヨーが17店を運営。新センターの設立を機に、静岡地区で50店程度の出店を検討するという。

川野副社長は、「谷口工業用地は、東名高速と建設中の第2東名高速の間にあり、どちらも利用できる。第2東名が完成すれば、神奈川県西部まで配送ができ、新センターを基点に神奈川への出店も検討したい」と語った。

谷口工業用地覚書の締結内容
場所:島田市阪本字堤外518-1地先
面積:約46,600㎡

バローの島田立地計画の内容
島田工場の名称:(仮称)「バローグループ静岡総合センター」
工場等の内容:豆腐工場(約3600㎡)、惣菜工場(約8080㎡)、物流センター(約14000㎡)

最新ニュース

物流用語集