日本郵船/アジア船社で初、シンガポールのグリーン・シップ認定

2011年12月08日 

日本郵船は12月8日、グループ保有のシンガポール籍石油製品タンカー3隻がシンガポール海事港湾が実施するグリーン・シップ・プログラムで、優れたエネルギー効率設計指標(EEDI)を持つ船として認定されたと発表した。

アジア船社では初の認定。

2011年7月に国際海事機関(IMO)で海洋汚染防止条約(MARPOL条約)付属書Ⅵの改正案が採択され、2013年1月1日以降に建造契約が結ばれる船舶(建造契約がない場合は2013年7月1日以降に起工の船舶)、または2015年7月1日以降に引渡しが行われる船舶のうち一定サイズ以上の船舶は、船種ごとに決められたEEDI規制値を満足することが要求され、規制値は段階的に強化される。

これを受け、MPAはインセンティブ・プログラムの1つグリーン・シップ・プログラムの中で、IMOのEEDI規制値を先取りして達成したシンガポール籍船に対して港費等の優遇を行っている。

最新ニュース

物流用語集