SGシステム/外部向けクラウド型物流サービスのクラウド基盤構築

2011年12月28日 

ネットワンシステムズは12月26日、佐川急便のSGホールディングスグループのITシステム企業であるSGシステムが新たに開発した外部向けクラウド型物流サービス「Biz-BLUE」のクラウド基盤を構築したと発表した。 

<システム構成図>
20111228sagawa - SGシステム/外部向けクラウド型物流サービスのクラウド基盤構築

構築したクラウド基盤は、シスコシステムズ社等のシステムを採用し、クラウド基盤に最適化したシステム構成となっている。

SGシステムでは、グループのプライベートクラウド基盤上の物流システムを利便性を損なわず、誰もが手軽に利用できることを目指して、開発した外部向けクラウド型物流サービス「Biz-BLUE」の提供を開始している。

「Biz-BLUE」は、外部向けクラウド型物流サービスとして提供するため、新たなクラウド基盤の構築が必要で、将来的な拡張方式として、スケールアウトを前提とし、信頼性、高いセキュリティが確保でき、「Biz-BLUE」のリリース時期までに構築を終える必要があった。

SGシステムでは複数のベンダーに、最適な提案を求めた結果、高いレベルで要件を満たし、課題に対しても明確な解決策を提示したネットワンシステムズだった。

SGシステムのグローバルITサービス事業部クラウドテクノロジーの荒瀬淳一担当部長は「Biz-BLUEは、2011年10月より荷物追跡システムの提供を開始した。今回構築したシステムは、障害が発生しても停止することなくサービス継続可能な可用性、利用者の増加に対して柔軟に増強可能な拡張性が必要となります。今後のサービス展開に合わせて、ネットワンシステムズには、さらなるサポートをお願いしたいと考えている」と説明している。

■ネットワンシステムズ
http://www.netone.co.jp/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集