エーアイテイー/3~11月の売上高7.3%増、営業利益4.1%増

2012年01月06日 

エーアイテイーが1月6日に発表した2012年2月期第3四半期業績によると、売上高は111億6000万円(前年同期比7.3%増)、営業利益8億6200万円(4.1%増)、経常利益8億9300万円(4.0%増)、当期利益5億3100万円(3.6%増)となった。

日本では、東日本大震災以降、一時的に消費財を中心とした貨物に混乱を招いたが、社会全体の復興ムードの中、日用雑貨用品・防災用品を中心に復調し、また一貫輸送の営業力を強化。主に海上輸入貨物、輸入通関を順調に取込むことができ、円高による営業収益の減少をカバーした。

その結果、輸送形態別での取扱貨物量は、海上輸送における取扱コンテナ本数では、輸出入合計11万4735TEU(12.9%増)、通関受注では2万7954件(16.9%増)と堅調に推移した。

利益面では、円高と同業他社との価格競争等により利益率を引き下げることとなった。結果、日本における売上高は94億8400万円(4.1%増)、営業利益は7億1000万円(0.2%減)となった。

中国では、日本向け貨物が好調に推移した結果、売上高は16億4800万円(30.5%増)、営業利益は1億400万円(8.0%増)となった。

タイでは、日本向け貨物は前年同期に比較して下回り、売上高は2700万円(11.7%減)、営業利益は100万円(57.9%減)となった。

通期の業績予想は、売上高150億6500万円(前年同期比10.5%増)、営業利益11億4500万円(16.4%増)、経常利益11億7700万円(15.2%増)、当期利益7億2000万円(24.1%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集