大同特殊鋼/知多工場に200億円投じ、物流の整流化などで合理化

2012年01月10日 

大同特殊鋼は1月10日、約200億円を投じ、知多工場(愛知県東海市)の一次工程への戦略投資として、製鋼プロセスの抜本的な合理化を実施すると発表した。

知多工場への戦略投資のコンセプトは、製鋼工場物流の整流化による能力増強と戦略商品群の品質・コスト競争力向上。製鋼の溶鋼搬送ラインの物流を見直し、連続鋳造機の能力をフルに発揮させることで戦略商品群の生産能力を向上させるとともに、品質の更なる向上を図る。

先進大型炉による大幅省電力を実現する。将来の電力単価の上昇に備え、炉を大型化(150トン化)するとともに、革新的技術の開発・導入により、エネルギーの高効率化と溶解・精錬機能の向上を目指す。

電力以外の代替エネルギー(天然ガス、炭材)を積極的に利用することによる省電力溶解も可能な「エネルギー多様化対応型の電気炉」とし、将来の電力事情、エネルギー事情に柔軟に対応していく計画。

設備投資と合理化による再稼働は2013年秋を予定している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集