住友電工/タイに、銅荒引線・伸線と切削用アルミ棒材の製造拠点を設立

2012年01月25日 

住友電気工業は1月25日、タイ・ラヨーン県に銅荒引線・伸線と切削用アルミ棒材を製造・販売するSEI Thai Electric Conductor(仮称)を設立すると発表した。

同社は、中国・東南アジア地域で拡大する需要に対して、リスク分散など種々検討の結果、タイ・ラヨーン県に新たな製造拠点を設置することにしたもの。

■新会社の概要
社名:SEI Thai Electric Conductor Co.,Ltd.(仮称)(略称:STEC)
所在地:タイ王国・ラヨーン県 アマタシティ工業団地
事業内容:銅荒引線・伸線、切削用アルミ棒材の製造・販売
資本金:11.1億バーツ(約27億円、1バーツを約2.44円で換算)
出資比率:住友電気工業グループ100%
設立:2012年2月(予定)
稼働開始:2014年4月(予定)
従業員数:約150名(2015年)
販売量計画
2015年度:銅約1万t/月、アルミ約110t/月
売上計画
2015年度:約470億円

最新ニュース

物流用語集