近鉄エクスプレス/上海・浦東総合保税区内の倉庫を増床

近鉄エクスプレスは3月1日、中国の現地法人が上海・浦東総合保税区内の倉庫を増床(増床面積7591㎡、総面積1万4035㎡)した。

<増床部分の外観>

同倉庫は2010年5月に開設、2011年1月より営業を開始していたが、電子部品、メディカル機器等の取扱いが増加し、使用面積を拡張した。

■近鉄国際物流(中国)3PL保税物流倉庫
業務内容:浦東空港総合保税区を利用した保税ロジスティクスサービス、輸出入航空貨物・海上貨物取扱い、国内貨物輸配送サービス等
倉庫総面積:1万4035㎡(今回7591㎡分を拡張)
従業員数:51名
住所:No.530 Zheng Ding Road, Shanghai Pudong Airport Free Trade Zone,Shanghai, P.R. China
TEL:+86-21-6208-4088

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集