ハマキョウレックス/3か年で設備投資132億円

2012年05月10日 

ハマキョウレックスは5月10日、中期経営計画(2012年4月~2015年3月)を策定し、最終年度の目標を売上高1000億円、営業利益80億円に設定した。

物流センター事業(3PL事業)を中心に、成長を図る考えで、既存の業種にとらわれず、全ての物流に対し積極的に取組み、提案型物流企業をめざす。

アセットの保有を過度に恐れず、事業採算・リスクを勘案し、設備投資を積極的に行うが、センター稼動後即フル稼働を設備投資の基本姿勢として、3か年で132億円の設備投資を計画している。

新規顧客獲得に向けた取組みとして、既存の組織・職務・各関連会社にとらわれず、グループ全体での新規顧客獲得に向けた営業を行い、物流センター事業での年間受託件数15社を目指す。

国内の顧客満足度を向上させるため、ニーズに応じた海外展開を図る。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集