伊藤忠/サウジアラビアで海水淡水化用逆浸透膜エレメント工場稼動

2012年05月25日 

伊藤忠商事は5月24日、サウジアラビアのACWA Holding(以下「ACWA」)、東洋紡績と共同で設立したサウジアラビア西部ラービグ(Rabigh)市の逆浸透膜エレメントの製造工場で、海水淡水化用逆浸透膜エレメントの生産を開始したと発表した。

■合弁会社の概要
社名:Arabian Japanese Membrane Company, LLC
設立:2010年8月
資本金: 約2億円相当
出資比率:ACWA 49%、東洋紡36.1%、伊藤忠商事14.9%
工場所在地:サウジアラビア、ラービグ市(Rabigh Plus Tech Park内)
事業内容:海水淡水化用逆浸透膜エレメントの製造・販売

最新ニュース

物流用語集