デンソー/小型ハイブリッドトラック用冷凍機システムを開発

2012年07月05日 

デンソーは7月5日、小型ハイブリッドトラック用の冷凍機システムを開発したと発表した。

このシステムは、ベルトを介してエンジンの動力で駆動する従来のコンプレッサーに加え、ハイブリッド車用バッテリーに蓄えられた電気で駆動する電動コンプレッサーを搭載。

2つのコンプレッサーは車両の走行時と停止時で駆動が自動で切り替わるようになっており、走行時は従来のコンプレッサー、信号待ちなどの車両停止時には電動コンプレッサーが駆動することにより、冷凍・冷蔵室内の温度を維持しつつ、車両をアイドルストップさせることができるようになっている。

これにより、従来の冷凍機システムに比べ、車両の燃費を大幅に向上させることが可能になった。

従来の冷凍機システムは、冷凍・冷蔵室の温度を長時間のエンジン停止時にも維持するため、外部電源と接続して冷凍機を駆動させるための外部電源ユニットがオプション品としてラインナップされているが、今回はこのユニットを標準装備とした。

8月にデンソーセールスを通じて発売し、年間の販売目標は150台を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集