近鉄エクスプレス/台湾に3.9万㎡の倉庫、2014年1月開設

近鉄エクスプレスは8月6日、台湾の現地法人KWE台湾が遠雄航空自由貿易港区に2014年1月に倉庫を開設すると発表した。

<完成イメージ図>
20120806kwe - 近鉄エクスプレス/台湾に3.9万㎡の倉庫、2014年1月開設

KWE台湾は現行の2つの倉庫(合計1万6200㎡)を集約し、約2.5倍の3万9110㎡への延床面積を拡張する。

国際物流事業社としては台湾最大規模の倉庫面積となる。

新倉庫の半分に空調機能を備え、うち3300㎡に冷凍冷蔵庫を装備し電子部品・電材、医薬品、ケミカル品などを保税のまま指定温度で一時保管、在庫管理を行い、指定配達先に納入が可能となる。

遠雄航空自由貿易港区は、桃園国際空港に隣接する台湾で唯一の空港自由貿易港区であり、台北港からも西に30㎞に位置する非常に利便性の高い立地でもある。

■概要
名称:KWE Taoyuan International Logistics Center(略称KWE桃園ILC)
所在地:桃園県大園郷航翔路
業務内容:保管、流通加工等ロジスティクスサービス全般(保税機能あり)、国内配送サービス
構造・階:鉄筋コンクリート造・倉庫棟3階建、事務所棟6階建
延床面積:3万9110㎡
開設予定:2014年1月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集