トナミHD/4~6月の営業利益4倍

2012年08月10日 

トナミホールディングスが8月10日に発表した2013年3月期第1四半期決算によると、売上高283億4300万円(前年同期比3.1%減)、営業利益5億6500万円(315.0%増)、経常利益6億1600万円(202.4%増)、当期利益4億600万円(2億9600万円の当期損失)となった。

貨物自動車運送事業と貨物利用運送事業の安定的収益確保、重点とする3PL事業をはじめとする関連事業の拡大につとめ、収益内容の見直しを促進した。

利益面は、運賃・料金の見直しや燃料費の上昇懸念など収益性マイナス要因もあったが、収益構造改革を推進し、増益となった。

通期は、売上高1202億円(2.1%増)、営業利益20億円(42.6%増)、経常利益23億円(42.2%増)、当期利益10億2000万円(61.4%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集