名港海運/物流センターで太陽光発電事業

2012年12月21日 

名港海運は12月20日、4か所の物流センターにソーラーパネルを設置し、太陽光発電事業の開始を決めた。

2013年度完成予定の西部物流センターも含めた物流センターに来春から順次着工し、来年8月にはすべての施設での発電を開始する。

発電能力は約3,100kWで、設置場所は、飛島物流センター(愛知県海部郡飛島村)、木曽川物流センター(愛知県一宮市)、第一新川物流センター(名古屋市港区)、西部物流センター(愛知県弥富市)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集