GLP/神奈川県綾瀬市にマルチテナント型物流施設、94億円で開発

2013年01月31日 

GLプロパティーズは1月31日、神奈川県綾瀬市に約6万8400㎡の大型マルチテナント型物流施設「GLP綾瀬」の開発に着手すると発表した。

<「GLP綾瀬」完成予想図>

開発コストは94億円の見込みで、用地を取得し、2013年10月着工、来年11月竣工の予定で、2013年5月までは、現存する資産(土地建物)を売主にリース・バックする。

施設は、3万700㎡の敷地に地上5階建ての大型マルチテナント型物流施設の開発を計画している。

施高い基準の安全性と革新性を満たすデザインで、免震構造の採用、災害時における事業継続性の確保や、環境に配慮した施設計画を取り入れた高付加価値の最新施設の計画。

立地は東名高速道路につながる圏央道海老名ICに6kmと近距離に位置し、京浜地域(横浜市・川崎市)への良好なアクセスと圏央道の延長計画により、首都圏広域そして東海、西日本地域へのアクセスも確保されることになる。

施設から500m先に東名高速道路綾瀬ICの建設が予定されており、利便性の飛躍的な向上が見込まれる立地。

GLP綾瀬は、GLPがCPPIB(カナダ公的年金運用機関)と2011年8月に合弁で立ち上げた「ジャパン・デベロップメント・ベンチャー」の日本における4番目の案件。

なお、GLPにとって神奈川県下で6番目の施設だが、既存4施設の稼働率は99%を超えている。

■「GLP綾瀬」施設概要
施設名称:GLP綾瀬
所在地:神奈川県綾瀬市小園771
敷地面積:30,700㎡
延床面積:68,400㎡
容積対象延床面積:61,500㎡
賃貸可能面積:59,600㎡

最新ニュース

物流用語集