イヌイ倉庫、ラサール/博多地区最大級、4.9万㎡の物流センター着工

2013年06月18日 

イヌイ倉庫とラサール不動産投資顧問は6月18日、アイランドシティ(福岡市東区)で、最新物流施設「(仮称)博多アイランドシティ物流センター」を7月下旬に着工すると発表した。

<外観パース>

竣工は2014年4月を予定している。

同物流センターは、アイランドシティのみなとづくりエリアに位置し、延床面積約4万8900㎡と博多地区で最大級、最新鋭のマルチテナント型物流施設となる。

アイランドシティは、海上、鉄道、航空の3つの輸送ネットワークで国内各都市と繋がる福岡の優位性によって、既成市街地との円滑な広域交通アクセスが可能。

さらに、アイランドシティと都市高速道路を結ぶ自動車専用道路「アイランドシティ線」の都市計画も承認され、これが開通されることで更なる交通利便性の向上が期待されている。

九州最大のコンテナ取扱量を誇る博多港エリアに立地し、アジアをはじめとした世界の主要商都とダイレクトにつながる輸送網によって、効率的な一貫輸送を実現する国際物流拠点としての役割を果たす、としている。

■(仮称)博多アイランドシティ物流センター施設概要
所在地:福岡県福岡市東区みなと香椎2-25-9,10
敷地面積:4万3803.89㎡
延床面積:4万8978.48㎡
構造:S造 地上2階建
用途:マルチテナント型物流倉庫

最新ニュース

物流用語集