三井造船/建造商船の全エコシップ化を展開

2013年07月05日 

三井造船は7月4日、次世代の環境対応・低燃費船として5万6000重量トン型「neo56BC」、6万6000重量トン型バルクキャリアー「neo66BC」、6万重量トン型「neo60BC」を開発、市場投入を進めてきたが、このほど3つの船型の合計受注隻数(内定を含む)が30隻に到達したと発表した。

世界的な潮流である環境対応船・省エネ船需要の高まりに応え、今後の建造商船の全エコシップ化を展開していくとしている。

最新ニュース

物流用語集