イヌイ倉庫、ラサール/博多アイランドシティ物流センター着工

2013年07月25日 

イヌイ倉庫とラサールインベストメント マネージメント インクは7月25日、両社の運用のファンドが共同開発する「(仮称)博多アイランドシティ物流センター」を着工した。

竣工は2014年4月を予定している。

<完成イメージ>

同物流センターは、2階建て、延床面積約4万8900㎡という博多地区で最大級の規模。1フロア約2万500㎡の広大な倉庫空間を実現している。

1階は両面バース、2階へは大型車対応スロープで直接接車が可能な構造で、効率的なオペレーションが可能。

2階は片側を高床式、もう一方を低床式とし、40フィートコンテナ車から2t車まで、大小さまざまな荷物に対応。2階高床式スペースは梁下有効高さ6.0m、低床式スペースは梁下有効高さ7.0mを確保している。

さまざまななニーズに対応するため、1区画約850坪からの仕様を可能とする区画設計としている。

■(仮称)博多アイランドシティ物流センター施設概要
所在地:福岡県福岡市東区みなと香椎2-25-9,10
敷地面積:4万3803.89㎡
延床面積:4万8978.48㎡
構造:S造 地上2階建

最新ニュース

物流用語集