王子/構造転換で年50億円をコスト低減

2013年12月24日 

王子ホールディングスは12月24日、生活産業資材事業と機能材事業の競争力強化のため事業構造の転換を進めると発表した。

王子マテリア富士工場の効率的な生産体制構築と環境負荷低減を目的に、富士第一工場のN-1号抄紙機(2011年停止)を改造・再稼動して中芯原紙を生産し、富士第二工場の10号抄紙機を停止する。

需要に見合った適正な生産体制を構築するため、白板紙・その他板紙を製造する王子エフテックス東海工場富士宮製造所の抄紙機2台を停止し、白板紙製品の生産・販売を王子マテリアへ移管する。

感熱紙の収益力強化のため、王子製紙日南工場で生産している感熱紙の生産を王子イメージングメディア神崎工場とOji Paper (Thailand)に移管し、日南工場の3号コーター、4号コーターを停止する。

これらの施策に伴う固定的費用を中心としたコスト削減額は年約50億円を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集