GLP/神奈川県愛川町に10.6万㎡の大型物流施設竣工

2014年01月22日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は1月21日、神奈川県愛甲郡愛川町に建設を進めてきた「GLP厚木」を竣工したと発表した。

<GLP厚木外観>
20140122glp 500x359 - GLP/神奈川県愛川町に10.6万㎡の大型物流施設竣工

神奈川県内陸工業団地内に、敷地面積約4万4511㎡、6階建て、延床面積約10万6778㎡の規模で、大型マルチテナント型物流施設。

災害時の顧客企業の事業継続性の確保を目的として、免震工法の採用やバックアップ電源設備の導入も行っている。環境に配慮した最先端の技術を駆使し、ライフサイクルCO2の大幅削減を図っている。

昨年3月には、北東側2kmの至近距離に圏央道相模原愛川ICが開通し、東名高速と接続したことで利便性が飛躍的に向上。首都圏だけでなく西日本方面への配送にも好立地。

なお、テナントは、バンテックと約3万㎡、澁澤倉庫と約1万4000㎡をそれぞれ賃貸借契約を締結している。

■施設概要
施設名称:GLP厚木
所在地:神奈川県愛甲郡愛川町中津字桜台4009-3
敷地面積:4万4511.03㎡
延床面積:10万6777.83㎡
構造:地上6階建て

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集