LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコー/韓国・釜山に1.9万㎡の物流センター竣工

2014年03月14日/物流施設

センコーは3月14日、韓国・釜山新港で建設していた「KO-SENKO物流センター」が竣工した。

<KO-SENKO物流センター>
20140314senko 500x224 - センコー/韓国・釜山に1.9万㎡の物流センター竣工

東アジア地区強化の一環として開設したもので、延床面積は約1万9000㎡の規模で、所有・運営は韓国の現地企業との合弁会社KO-SENKO物流が行う。

韓国国内向け配送、日本と韓国間、韓国と第三国間の輸出入、港湾荷役などの物流サービスを実施。釜山港のFTZや、韓国が他国と締結している自由貿易協定(FTA)などの利点を活かし、世界中から持ち込まれる貨物を加工して日本や第三国に輸出する。

また、日本から貨物を運び、保管、加工を行った後、第三国に輸出するなど、顧客の物流コスト低減につながる各種サービスを展開する。

すでに、工業製品や機械をはじめとする貨物の取扱が決定しており、順次業務を開始する予定だ。

■施設の概要
名称:KO-SENKO物流センター
所在地:大韓民国 慶尚南道 昌原市 鎮海区 南門洞1190
釜山新港熊東背後団地内
建物構造:鉄骨造地上3階建て(倉庫部分 平屋建て)
敷地面積:約3万7000㎡
延床面積:約1万9000㎡

■KO-SENKO物流の概要
会社名:KO-SENKO物流
設立日:2012年12月12日
本社所在地:大韓民国 慶尚南道 昌原市 鎮海区 南門洞1190
釜山新港熊東背後団地内
資本金:40億ウォン(約3.2億円)
株主構成:センコー35%、 韓国港湾物流(大韓民国 釜山広域市)51%、興和(大韓民国 慶尚北道 浦項市)14%

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース