日本郵船/船舶の安全推進会議

2014年07月25日 

日本郵船は7月25日、船主と船舶管理会社を対象に本店と愛媛県今治市で、船舶の安全推進会議を3回にわたって開催したと発表した。

<安全推進会議の様子>
20140725nyk

1997年7月のダイヤモンドグレース号の油流出事故を教訓として毎年7月1日から2か月間、船舶の安全運航の重要性をすべての社員が再確認する安全キャンペーン「Remember Naka-no-Se」を行っており、安全推進会議はこ一環として実施している。

会議には船主と船舶管理会社延べ69社、147名が集まり、議題としては減速航海やバラスト水管理条約等の国際ルール対応などが取り上げられ、意見交換が行った。

これまでの日本郵船の安全推進活動を振り返りながら事故データの分析と事故事例のレビューを行い、関係者に対し一層の安全意識の向上と安全運航の達成について理解と協力を要請した。

最新ニュース

物流用語集