コマツ/34億円投じ、小山工場敷地内に新関東補給センタを竣工

2014年08月21日 

コマツは8月20日、小山工場敷地内に新関東補給センタ(新補給センタ)を竣工し、オペレーションを開始したと発表した。

<新関東補給センタ 概観図>
20140821komatsu1 515x189 - コマツ/34億円投じ、小山工場敷地内に新関東補給センタを竣工

<高層ラック(9m)>
20140821komatsu2 515x289 - コマツ/34億円投じ、小山工場敷地内に新関東補給センタを竣工

<グローバル対応搬送装置>
20140821komatsu3 - コマツ/34億円投じ、小山工場敷地内に新関東補給センタを竣工

新補給センタは、34億円を投じ、補給部品の販売・生産・在庫を総合的にコントロールするために新たに組織したグローバルオペレーションセンタと共にコマツのグローバル補給部品拠点としての機能を加え新設した。

世界共通の新補給部品専用グローバルオペレーションシステム(WMS)や最新のICT機器などを導入することで補給部品業務の大幅な効率向上を実現したとしている。

建屋の省エネルギーは、空調効率を高めるために建屋を保管エリアとオペレーションエリアに分け、オペレーションエリアに最新の省エネ機器を採用することで、2013年度に比べ電力使用量を50%削減する見込み。

なお、現在、コマツの建設機械の主要な補給センタは全18拠点(海外:15、国内:3)。部品が工場から顧客に届くまでの中間行程を省く「直結化」などによるリードタイム短縮に、コマツグループを挙げて取り組むことで部品在庫の大幅な削減に努めている。

これらの活動に加え、部品体制の更なる強化を目指すため、竣工した新補給センタをグローバルモデルとして、その他の拠点へも順次展開を図っていく。2015年度までに豪州、北米、国内(関西、北陸)などの補給センタへ展開する予定としている。

■小山工場 新関東補給センタの概要
所在地:栃木県小山市横倉新田400(小山工場敷地内)
延床面積:2万2202㎡(オペレーションエリア:1万602㎡、保管エリア:1万1340㎡、事務所:260㎡)
保管品目:建設機械用補給部品、フォークリフト用補給部品

■小山工場の概要
所在地:栃木県小山市横倉新田400 
敷地面積:59万1000㎡
従業員数:約3180名(2014年3月末時点)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集