富士重工/スバルの軽トラックをフルモデルチェンジ

2014年09月02日 

富士重工業は9月2日、スバル サンバートラックをフルモデルチェンジし、発売した。

<スバル サンバートラック「TC」>
20140902fujigyukou

新型サンバートラックは、プラットフォームの一新により、広く開放的なキャビンを実現するなど新しい価値の提案とともに、基本性能を大幅に向上することで、仕事でも普段使いでもより快適に安全に乗れる商品を目指し開発した。

新パッケージングでは、居住性、運転のしやすさ、乗り降りのしやすさなど快適性の向上に加え、収納スペースの充実、荷台周りの機能充実を図った。

フロントサスペンションの改良により操縦安定性を高め、さらに、AT 車にはクラス初となる電子制御4ATを採用するとともに、エンジンの燃焼効率の向上や電子制御スロットルの採用により全車2015年度燃費基準を達成し、2WD・MT車ではクラストップの低燃費19.6km/を実現した。

安全面では、新開発のボディにより最新の衝突安全法規(56km/h オフセット衝突)に対応するなど、衝突安全性の向上を図った。さらに、耐久性でも大幅に強化しクラストップレベルの防錆性能、保証期間を実現した。

外装色では、ホワイトの他に7色のカラーから選択できるカラーパックをTC 全車にオプション展開している。

メーカー希望小売価格はTCタイプで、660cc直列3気筒DOHC、AWD、変速機5MTで、80万4600円(税込)。

最新ニュース

物流用語集