内外トランスライン/子会社を統合

2014年09月30日 

内外トランスラインは10月1日、孫会社の飛宇国際貨代(上海)の事業を子会社であるNTL-上海へ譲渡する。

中国で、拠点を同じくする両社間の統合により経営資源や事業ノウハウを共有化し、重複コストの軽減等の合理化を図ることで大きなメリットを生み出すことができると判断し、事業統合に至ったもの。

飛宇国際貨代(上海)は、中国での事業目的を果たしたものとして清算の手続に入る。

なお、2013年6月にFF社がフライング・フィッシュ・サービスから事業を譲受けたのに伴い、FF社100%子会社として譲受け、中国・上海を本拠として国際複合一貫輸送事業を営んできた。

■事業を譲渡し清算する子会社の概要
商号:飛宇国際貨代(上海)
所在地:中国上海市
事業内容:国際複合一貫輸送事業
資本金:65万US$
設立年月:2006年6月
純資産:3714万6000円
総資産:7202万8000円
大株主及び持株比率:フライングフィッシュ100%

■事業を譲受ける子会社の概要
商号:上海内外特浪速運輸代理
所在地:中国上海市
事業内容:国際海上貨物輸送事業
資本金:100万万US$
設立年月:2003年1月
大株主及び持株比率:内外トランスライン100%

最新ニュース

物流用語集