イオン、花王、アサヒビール、グリコ、ネスレ/専用貨物列車を運行

2014年12月05日 

日本貨物鉄道(JR貨物)とイオン鉄道輸送研究会は12月5日、環境保全への取組みとともに年末の旺盛な需要に対応するため、共同で東京~大阪間に専用列車を運行すると発表した。

<異業種の企業間で専用列車を運転>
異業種の企業間で専用列車を運転

イオングローバルSCMが、同研究会に参加する19社に呼びかけ、ネスレ日本、アサヒビール、花王、江崎グリコが賛同し、実現した。

12月14日と21日に、東京(ターミナル)駅発、百済(タ)駅行き(第55列車)と百済(タ)駅発、東京(タ)駅行き(第54列車)を専用列車として運転する。

<イオングローバルSCMの専用列車への貨物集約イメージ>
イオングローバルSCMの専用列車への貨物集約イメージ

輸送量は12フィートコンテナ120基、600トン。

東日本・西日本に立地するイオンのブランド「トップバリュ」製造委託メーカーから集荷した商品を専用列車に集約し、自社RDC(在庫倉庫)への輸送を実施する。

今後も同研究会を通じて業界を超えたモーダルシフトを積極的に進め、参加企業の増加やニーズに応じた弾力的な列車運行を実施していくとしている。

イオン・ネスレ日本・アサヒビール・花王・江崎グリコは、年末トラック輸送から鉄道コンテナ輸送にシフトすることによる安定輸送の実現、各企業とイオンによる環境活動メッセージの発信を挙げている。

最新ニュース

物流用語集