LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTTロジスコ/平和島物流センタが竣工、本社も移転

2014年12月05日/物流施設

NTTロジスコは12月5日、京急開発との共同事業で、平和島物流センタを11月30日に竣工したと発表した。

<外観>
20141205nttlogi1 500x290 - NTTロジスコ/平和島物流センタが竣工、本社も移転

<内部>
20141205nttlogi2 500x290 - NTTロジスコ/平和島物流センタが竣工、本社も移転

7階建て、延べ床面積8.4万㎡の規模で、6層の倉庫と最上階に事務所フロアを配置した構造で、倉庫部分は一括してNTTロジスコが3PL事業として運営する。

京急線平和島駅・大森海岸駅、東京モノレール流通センター駅の3駅から徒歩圏内。首都高速1号羽田線平和島ICに隣接し、都心、羽田空港や東京湾大井ふ頭など「陸・海・空」へのアクセスに優れた物流利便性の高い立地。

医療機器、精密機器検査等「高付加価値サービス物流」の更なる成長を目指すNTTロジスコと再開発事業を検討していた京急開発が共同事業で建設を進めてきた。

物流センタと本社機能の一体的な業務運営を行うことにより、一層のサービス品質の向上と業務の効率化を図ることを目的に、平和島物流センタ最上階(7階)に本社を移転する。

平和島物流センタは、基準階フロアあたり約3600坪(約1万1800㎡)を分割して顧客ニーズに沿った区分割りで提供できる構造とし、荷物用エレベータや垂直搬送機を適所に配置している。

倉庫有効天井高を5.5m(1~4階)と4m(5~6階)の2種類に設定して、高効率な保管が可能なエリアと流通加工に適したエリアを備えている。

設備面でも空調設備を全フロアで完備し(バースに面しているブロックを除く)、外壁にも金属サンドイッチパネルを使用して空調効率を高めている。

監視カメラ・入退室セキュリティ機器の標準装備や防災センターによる24時間365日警備を実施し、セキュリティ対策も万全。照明に関しては建物全体でLED照明を採用するなど環境にも配慮、充実した設備等で顧客の多様な物流ニーズに対応が可能だ。

NTTロジスコは新倉庫を活用し、「物流トータルアウトソーサー」として、最適な物流サービスと新たな付加価値の向上を目指すとしている。

■概要
名称:平和島物流センタ
所在地:東京都大田区平和島1-1-2
敷地面積:約1万8000㎡
延床面積:約8万4000㎡
構造:鉄骨造 地上7階建て(設備中間階除く)
施設構成:物流センタ、事務所

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース