リンコー/業績予想を下方修正

2015年01月23日 

リンコーコーポレーションは1月23日、2015年3月期通期の業績予想を修正した。

売上高は167億8000万円(前回発表増減率6.0%減)、営業利益4億5000万円(26.2%減)、経常利益4億7000万円(7.8%減)、当期利益2億1000万円(25.0%減)と下方修正した。

主力部門の運輸部門で、当初の想定を上回る急速な円安の影響等により主に輸入貨物の取扱が減少していること、また、国内景気の持ち直しの兆しはあるものの地方経済への波及は依然弱いことが影響。

また、機械販売部門では建設・産業機械の販売や大型機械の整備件数が減少していることや商品販売部門で主に住宅資材の売上が住宅着工件数の減少に伴い当初の予想を下回る見通しであること等から、直近の経営環境を鑑み、売上高、営業利益、経常利益ともに2014年5月13日公表の前回発表予想を下回る見通しとなった。

最新ニュース

物流用語集