パルタック/埼玉県に大型物流センター開設

2015年07月10日 

PALTACは7月10日、埼玉県白岡市に大型物流センター「RDC関東」を開設し、8月より稼働する。

<RDC関東>
RDC関東

115億円を投じ、敷地面積2.7万m2、延床面積3.9万m2の規模で、年間出荷能力800億円を想定している。

化粧品・日用品、一般用医薬品の最大市場である関東エリアにおける出荷能力拡大とエリア全体を視野に入れた物流生産性向上と小売業・メーカーとの取組み強化による事業拡大を目指す。

首都圏の3か所のRDC(群馬、東京、横浜)との連携で、サプライチェーン全体の最適化・効率化による生産性向上により、さらなるローコスト化を実現する。

立地は、東北自動車道と首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が交差するエリアにあり、東京都心、首都圏全域へのアクセスにも優れている。

最新鋭の物流機器を用いた高品質・高精度の物流サービスの提供により、小売業の店頭作業の効率化を進めるため、個口検品、カテゴリー納品を行うとともに、EOS(電子発注システム)、EDl(電子データ交換)の活用により、小売業との間の受発注業務効率化を取り組む。

パレット自動倉庫、ケース自動倉庫と連動したピッキング棚への商品自動補充システムや、JAN/lTFコードスキャン、重量検品・検数による99.999%の出荷精度を実現する。

精度の高い使用期限/賞味期限管理と、温度管理・施錠管理による品質保証を行う。

小売業の売上拡大、化粧品・日用品、一般用医薬品などの一括納品ニーズにも十分に対応できる出荷キャパシティを確保している。

トラック便の積載率の向上、台数の削減など、メーカーの納品利便性向上を図るため、フルトラックロード化、最適在庫管理などメーカーの受注から納品業務までの負担を軽減し、欠品を極限までゼロに近づける適正在庫管理が可能にする。

自然災害などの有事の際においても、3日間の稼働を可能にする非常用自家発電装置を設置するなどの物流体制を構築し、中間流通業として生活必需品の安定供給の責任を果たす。

環境対策として、LED照明を全館に採用し、ダンボール圧縮機・自動オリコン洗浄機の導入により資源・資材の有効活用を推進している。

■施設概要
所在地:埼玉県白岡市荒井新田字瀬1111-1
敷地面積:27,259m2
建築面積:13,925m2
延床面積:38,965m2
内自動倉庫:3,682m2

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集