GLP/神奈川県座間市に13万m2の物流施設竣工、入居7割

2015年07月13日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は7月13日、神奈川県座間市に建設を進めてきた「GLP座間」を竣工した。

<ドローン空撮>
ドローン空撮

<外観>
外観

6月末にはすでに完成し入居している企業もあり、賃貸面積の約70%は食品卸売やアパレル関連などの企業3社の入居が予定されている。

「GLP座間」は、GLPが2011年12月に日産座間工場の跡地を取得し、2014年に着工した延べ床面積13万1762m2の5階建てマルチテナント型物流施設。2015年にGLPが竣工する施設としては最大となる。

免震構造やバックアップ電源、アメニティ設備、地下水供給設備、レスキューナウと提携し各種災害情報配信サービスなど有事の際の入居企業の事業継続性を確保する数々の装備を採用している。GLPがこれまで培ってきた最先端の設備をほぼすべて実装している。

<GLPの帖佐義之社長>
GLPの帖佐義之社長

建設コストの上昇懸念について、GLPの帖佐義之社長は「BCP(事業継続性)と環境に配慮した設計で建築コストが嵩むことは事実だが、それ以上にコスト削減の努力をしている。たとえば、ランプ部のプレキャストコンクリート(PC)の導入で、建設工事の合理化と長寿命化、無駄な部分の削減を図り、トータルでは従来の施設建設とコスト的にはほぼ変わらないか削減できていると思う。ランプ部のPC化は物流施設では日本初だと思う」と話した。

立地は、首都圏と西日本をつなぐ東名横浜町田ICと圏央道圏央厚木ICに近く、東京、神奈川、埼玉西南部への広域配送に加えて、神奈川県内のエリア配送の拠点としても最適という。

交通のの至便性に加え、近隣に戸建住宅広がり、人口集積地であることから物流施設の運営上、重要な条件である労働力確保についても良好な環境という。

投資金額は約210億円。GLP座間による雇用効果は入居企業にもよるがおよそ約900人前後とみている。

<3階倉庫部分、柱間は広めの11m、高さは5.5m>
3階倉庫部分、柱間は広めの11m、高さは5.5m

<地下の免震構造部分、計265基設置>
地下の免震構造部分、計265基設置

<屋根に設置された太陽光パネルは計9492枚、売電用が約9割で2250.5kW、自家消費用が122.5kw>
屋根に設置された太陽光パネルは計9492枚、売電用が約9割で2250.5kW、自家消費用が122.5kw

<協定により座間市に寄付した公園部分(中央部分)>
緑の協定により座間市に寄付した公園部分(中央部分)

<カフェゾーンとラウンジゾーン>
カフェゾーンとラウンジゾーン

■施設概要
名称:GLP座間
所在地:神奈川県座間市広野台2-10-10
敷地面積:5万8908m2
延床面積:13万1762m2
階数:地上5階、棟屋1階
梁下有効天井:5.5~6.5m
床荷重:倉庫1500㎏/m2
ドックレベラー:各階4基
垂直搬送機:4か所/階(1~5F)設置対応
荷物用EV:4か所/階(1~5F)設置対応
エレベーター:各階4基(北側3基、南側1基)
駐車場:乗用車395台、トラック待機場31台
その他:LEED「GOLD以上」取得予定
CASBEEかながわ「A」ランク取得
着工:2014年5月
竣工:2015年6月

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集