成田国際空港/初のパレットビルディング競技会、27日開催

2015年08月18日 

成田国際空港は8月27日、第1回成田国際空港貨物地区フォークリフト&パレットビルディング競技会開催する。

<成田国際空港でのパレットビルディングの模様>
20150818narita 500x185 - 成田国際空港/初のパレットビルディング競技会、27日開催

貨物取扱事業者のスキルを競い、向上させていくことを通じて、航空貨物利用者により高品質なサービスを提供することにより、空港全体としての貨物取扱量の拡大を図るためで、空港スタッフの安全意識の高揚と、更なる品質の向上を図り、貨物地区における安全作業の確立と労働災害の防止も目的としている。

競技種目は、パレットビルディング(貨物積みつけ作業)とフォークリフト基本操作で、パレット(航空機への搭載用金属板)に、1チーム4名で、いかに速く、多くの模擬貨物を、適切な作業品質(安定した状態)で積みつけられるかを競う。

■開催概要
日時:8月27日(木)10:00~13:00
場所:成田国際空港南部第2貨物ビル
主催:成田国際空港
参加社:JALカーゴサービス、ANA Cargo、日本貨物航空、国際空港上屋、スイスポートジャパン(5社計9チーム)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集