ZMP/ディープラーニングによる画像認識ソフトウェア販売開始

2015年08月20日 

ZMPは8月20日、ディープラーニングによる画像認識ソフトウェアを搭載したステレオビジョンシステムの販売を開始すると発表した。

<ディープラーニングによる歩行者認識の例>
20150820zmp1 500x358 - ZMP/ディープラーニングによる画像認識ソフトウェア販売開始

<ZMP RoboVision2>
20150820zmp2 - ZMP/ディープラーニングによる画像認識ソフトウェア販売開始

ソニー製超高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョンZMP RoboVision2と、NVIDIA 社GPU Tegra K1 を搭載したコントローラボックスから構成され、ディープラーニングにより先行車両・歩行者・白線・信号の認識を行う。

ADAS(先進運転支援)技術、自動運転技術の開発では、白線や信号情報の検出、および、先行車両や歩行者などの移動体の認識が必要となる。この製品は、リアルタイムでこれらのオブジェクトの認識とトラッキングを行い、位置情報等をCANで出力が可能なため、実車走行時のセンサシステムとして利用しやすくなっている。

販売価格は200万円(税別、予定)で、10月末の出荷開始を予定している。

なお、ディープラーニングによる画像認識技術、RoboVision2は、8月25日から開催する、ZMPフォーラムで、デモおよび講演を行う。

■第7回ZMPフォーラム
日時:8月25日 9:15~17:00
   8月26日 10:00~17:00
   8月27日 9:15~17:00
会場:東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル1F ベルサール六本木

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集