LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎重工/17万7000立方m型LNG運搬船2隻を受注

2015年09月09日/IT・機器

川崎重工は9月9日、中部電力と日本郵船が折半出資するTrans Pacific Shipping7と中部電力と商船三井が折半出資するTrans Pacific Shipping8と17万7000立方m型LNG運搬船各1隻の造船契約を締結したと発表した。

いずれも坂出工場で建造し、2018年の引き渡し後に中部電力が主に米国フリーポートより調達するLNGの輸送に投入される。

受注したLNG運搬船は、川崎重工が北米シェールガスプロジェクト向けに開発した17万7000立方mのカーゴタンク容積を持つモス型LNG運搬船。

世界の主要なLNGターミナルへ入港可能な船体寸法と2016年に完成予定の新パナマ運河を通峡可能な型幅を有している。

船体構造およびカーゴタンク形状を改良し、従来型の16万4700立方m型LNG運搬船よりカーゴタンク容積を約1万2300立方m増加させ、汎用性の高い大型船型として、LNGトレードの多様化に対応する。

船体構造の最適化による船体重量の軽量化、2軸推進方式の採用と船体形状最適化を図ることで、推進性能を最大限に高めるとともに、DFD電気推進システムを採用することにより、低速域から高速域の幅広い船速域で優れた燃費性能を発揮する。

■主要目
全長:約300m
型幅:48.90m
タンク容積:17万7000立方m
速力:19.5knot

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース