物流不動産評価機構/物流不動産の未来でセミナー、国交省参事官が講演

日本物流不動産評価機構推進協議会(JA-LPA)は10月21日、「物流施設と物流業界の最新事情」にフォーカスしたセミナーを開催する。

テーマは「物流不動産の未来を考える」。

グローバルロジスティクス、都市内物流の効率化、物流企業の経営基盤の強化など、さまざまな課題が山積する物流業界で、「物流不動産」を核にした警鐘を鳴らし、最新情報と今後の方向性を示唆する。

■開催概要
日時:10月21日(水)13:00~17:30(開場12:30)
会場:日本通運本社ビル 2階大会議室
   東京都港区東新橋1-9-3
主催:日本物流不動産評価機構推進協議会
参加費:7000円(一般、協賛会員共)
定員:200名 定員になり次第締切

■詳細・申し込み
https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=e_sohko1

■プログラム
第1部 
13:00~13:10 開会の辞 
日本物流不動産評価機構推進協議会 
委員長 望月 光政

13:10~14:10 基調講演
「物流不動産の未来を考える」
国土交通省
大臣官房参事官 坂巻 健太 氏

14:15~14:55 講 演
「物流不動産~金融機関の視点から~」
日本政策投資銀行 
企業金融第3部 
課長 土屋 勝俊 氏

休憩 約15分

第2部
15:10~17:10 講 演
「区分所有による共同型物流センターの解説」
日本物流施設 代表取締役社長 河田 榮司 氏

「高速道路に連結した複合物流センターの開発」        
J&Kロジスティクス 
代表取締役 原 瑞穂 氏

「人が変える物流の未来~物流業界を変革する人材とは~」
イーソーコ 
会長 大谷 巌一 氏

17:15~ 質疑応答

17:30  閉演

問い合わせ
日本物流不動産評価機構推進協議会
事務局
担当:早崎・鴫原
TEL.03-3457-9031
info@ja-lpa.net

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集