LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

米国/10月度のアジア主要10か国発のTEU実績6.6%減

2015年11月13日/調査・統計

Zepol(ゼポ)は11月8日付で、米国海上コンテナ輸入の10月実績をまとめた。

それによると、アジア主要10か国・地域発のTEU(B/L・Loading Port/母船積地ベース・実入り・FROB含)は、前月から5.9%減り前年比6.6%減の126.2万TEUとなった。1~10月累計は2.6%増の1240万TEUと、過去最高だった。

米国向けコンテナ世界合計 (FROB含)は、欧州発(シェア15%)と南米発(シェア2.7%)が、それぞれ2.7%、3.1%の増加だったが、中米発(シェア9.1%), カナダ発(シェア2.7%)が、それぞれ4.7%、 15.9%の減少で、アジア発と合わせると全体は5.1%の減少(189万TEU)だった。全体の1~10月累計では2.2%の増加(1892万TEU)となった。

アジア発の6割以上を占める中国発は前月か11.7%下げ、前年比では8.4%減となったが1~10月累計では1.8%増だった。

2位の韓国は自国分が2.3%減だったが中国などからのトランシップ(TS)分が堅調で8か月連続プラスの10.7%増、1~10月累計でも11.6%増だった。

3位の台湾は前月同様1.3%減となった。4位の香港は6か月連続マイナスの18.8%減、1~10月累計でも12.1%の減少だった。
  
5位のシンガポールは9.8%のマイナスだったが1~10月累計ではトランシップが好調で23.3%の増加となった。7位のベトナムは11.3%増で15か月連続プラスとなり、1~10月累計では32.9%増とアジア発最高の伸び率となった。

荷受け地ベースは2位に定着しコンテナ貨物の金額ベースでも韓国を越えつつある。

8位のインドは3.0%増で連続プラスを27か月目とした。9位のタイも36.1%増と連続プラス9か月となった。10位のマレーシア56.6%の大幅減少で9か月連続マイナスで1~10月累計でも31.6%の大幅減だった。

6位の日本発(直航分)は7.7%減で連続7か月のマイナスとなり、1~10月累計では10.7%減となった。港別では、前年比のプラスは神戸港だけが7.8%増で、1~10月累計では清水、仙台、大阪がそれぞれ10.5%、13.4%、15.5%のプラスだった。

日本発は価額ベースで1~9月累計前年比10%減。一方、釜山TS分は74.3%増と連続7か月の大幅増で、1~10月累計でも38.4%増加となった。特に1~10月累計では横浜と名古屋が大幅増加だった。

問い合わせ
ZepolJapan
南石正和
mnasneki@zepol.jp

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース