サトー/ラベル自動貼り付け製品を拡充でイーデーエムと相互売買契約

サトーは5月6日、サーマルプリンタ製造・販売大手のイーデーエム(EDM)と、両社の製品・ソリューションを相互に販売する契約を締結した。

サトーは、容器や包装に対し上・下・側面貼り、胴巻き、帯び掛けなど、さまざまな貼り付け方式を標準で提供できるEDMのラベリングシステムを販売する。

食品業界向けの製品ラインアップを拡充し、顧客の現場環境に応じた最適なソリューションを迅速に提供できるようになる。

一方、EDMはサトーの各種機器・システム、シール・ラベル製品をEDMの製品ラインアップに加えることで、販売力を強化する考え。

なお、EDMは1970年の創業以来、各種ラベラー、印字検査機の製造・販売からラベル貼り付けの受託加工まで行う表示機器のトータルプランナー。特に食品メーカーへの期限表示機器の販売でトップシェアを誇る。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集