日本郵便/在宅医療患者向け処方薬等の宅配サービスを開始

2016年05月10日 

日本郵便は5月9日、メディカルシステムネットワークと連携し、ゆうパックを活用した処方薬等の宅配サービスを開始すると発表した。

メディカルシステムネットワークのグループ会社であるファーマホールディングが運営する調剤薬局(なの花薬局)の薬剤師が在宅処方を行う際に、服薬指導を終えた後の当該処方薬等を調剤薬局から郵便局が集荷し、在宅患者の自宅や住まいの施設へゆうパックで配達する。

開始時期は、6月上旬頃(予定)から 札幌市と名古屋市の一部地域にて開始する。

今後は、グループ子会社の通販機能を活用し、服薬指導の際に調剤薬局経由で注文を受けた衛生用品、日用雑貨、飲料などの商品についても在宅患者へ配達する予定。

最新ニュース

物流用語集