日本貨物航空/燃油サーチャージ、6月1日以降も現行のまま

2016年05月16日 

日本貨物航空は5月13日、日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額の6月1日からの改定を国土交通省に申請した。

適用金額はTC1(主に北米・中南米)宛てが23円/㎏(現行23円)、TC2(欧州・アフリカ・中近東)宛て23円/㎏(現行23円)、TC3遠距離(香港・中国・台湾以外のアジア)宛て19円/㎏(現行19円)、TC3近距離(香港・中国・台湾)宛て16円(現行16円)と、現行の価格と変わらずとなっている。

燃油指標価格に用いている2016年1月の平均燃油価格が1バレルあたり49.24ドルとなったことを受け、同社のスキームに基づいたもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集