商船三井/5社で就航船へのSOXスクラバー搭載を検討

2016年06月06日 
関連キーワード:

商船三井は6月6日、日本海事協会、南日本造船、三和ドック、バルチラジャパンと5社共同で就航船へのSOXスクラバー搭載の検討を始めたと発表した。

<SOXスクラバー搭載の概要図>
20160606mol 500x341 - 商船三井/5社で就航船へのSOXスクラバー搭載を検討

今後より一層厳しくなるSOX排出規制の国際条約発効に先んじる取り組みで、構造上他船種と比べて搭載難易度が高い自動車船を対象に、新造船と比べ搭載がより困難な就航船で検討する。

搭載に当たっての詳細設計を完了させるとともに、3Dスキャニングなど最新技術を用いて作業効率化にも取り組む。

日本海事協会と、SOXスクラバー製造で世界トップクラスの実績を誇るバルチラジャパンと共同で行うことで、より多角的な検討とし、その成果が船級ルールやガイドライン整備の一助となることを目指す。

SOXスクラバーは、排ガス中に含まれるSOX (硫黄酸化物)を除去する装置で、低硫黄燃料を使わなくても、国際条約で規制されるSOX排出規制を満たすことが可能となる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集