LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

丸運/4~6月の売上高5.0%減、営業利益3.5%減

2016年07月27日/決算

丸運が7月27日に発表した2017年3月期の第1四半期決算は、売上高110億8600万円(前年同期比5.0%減)、営業利益9900万円(3.5%減)、経常利益1億4300万円(1.5%増)、当期利益5800万円(前期は1300万円の当期損失)となった。

貨物輸送は、売上高56億6900万円(1.9%減)、経常利益は1億5700万円(2800万円増)だった。栃木物流センターおよび羽田京浜物流センター等において既存顧客との取引深耕に努めたが、東北と西日本地区の一部店所ならびに営業所廃止の影響から取扱数量が減少した。

国際貨物は、売上高13億4100万円(1.2%減)、経常損失は1700万円(4900万円減)。世界経済の減速基調の影響を受けて国際貨物輸送量は減少したが、海外事業である中国
での貨物取扱量は、当期より丸運物流(天津)を連結に加えたことなどにより増加した。

石油輸送は、売上高27億5100万円(5.5%減)、経常損失4000万円(3400万円減)。国内石油製品需要の減少の影響により輸送数量が、前年同期比2.8%減となった。売上高は輸送数量減少に加えて、受託基地の減少による基地管理関連収入の減少の影響による。

通期は、売上高474億円(1.1%増)、営業利益9億8000万円(1.0%増)、経常利益10億5000万円(0.5%減)、当期利益6億3000万円(36.2%増)の見通し。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース