マツダ/221億円投じ、タイにエンジン機械加工工場

2016年08月30日 

マツダは8月30日、タイのチョンブリ県のパワートレイン生産拠点Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand)の年間生産能力を2018年上半期までに10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設すると発表した。

<完成予想図(左上:トランスミッション工場、右下:エンジン工場)>
完成予想図(左上:トランスミッション工場、右下:エンジン工場)

221億円を投じて、エンジン組立工場の年間生産能力を10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設することで、タイにおける車両、エンジン、トランスミッションの一貫した現地生産体制のさらなる拡充を図る。

生産機種に「SKYACTIV-G 2.0」を追加し、ASEAN域内に車両生産拠点があるマレーシア、ベトナムへの輸出を開始する。

なお、2015年10月に本格稼働したMPMTのエンジン組立工場は、年間生産能力3万基で、「SKYACTIV-D 1.5」と「SKYACTIV-G 1.3」の組み立てを行っている。

同工場で生産されたエンジンは、タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)」に出荷され、「Mazda2(マツダ デミオ)」に搭載されている。

最新ニュース

物流用語集