アサヒビール/輸入ワイン増加、受入拠点に博多港を追加

2016年10月20日 

アサヒビールは10月20日、輸入チリワイン市場の拡大を背景に伸長を続ける「サンタ・ヘレナ・アルパカ」(アルパカ)の受入拠点を拡大すると発表した。

<モーダルシフトによるCO2排出量の変化>
20161020asahi 500x359 - アサヒビール/輸入ワイン増加、受入拠点に博多港を追加

販売好調による輸入数量の増加に伴い、8月から博多港での輸入船舶の受入を開始し、10月下旬より出荷を開始する。

これまで発生していた関西~博多間のトラック物流が低減し、1ケース当りのCO2排出量が0.63kg-CO2/ケースから、約4割減の0.37kg- CO2/ケースとなり、2016年では、約41tのCO2排出量を削減えお見込んでいる。

アルパカは、2012年3月に発売以降、チリから輸入した商品を、東京・横浜港で受入・通関をした後に国内の出荷拠点にトラック物流で在庫補充をしていた。2015年には、ラインナップの拡充や販促強化を図ることで、輸入数量が大きく伸長した。

2015年5月から大阪・神戸港で輸入船舶の受入を開始し、東京~関西間のトラック物流の低減に取組み、1ケース当りのCO2排出量も0.97kg-CO2/ケースから35%減の0.63kg-CO2/ケースとなった。

東京/横浜港、大阪/神戸港に加え、新たに博多港での受け入れ・通関を開始する事で、よりタイムリーな納品と環境負荷の軽減を合わせて実現し、持続可能な事業基盤の構築を推進していく。

2016年のアルパカブランドの販売目標は、前年比18.8%増の120万ケースを計画しているが、1~9月の販売実績は前年比45.0%増の約93万ケースと目標を上回る水準で推移している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集