ニチユ三菱フォークリフト/フォークリフトをリコール

2017年06月06日 

ニチユ三菱フォークリフトは6月6日、国土交通省にプ三菱フォークリフトのリコールを届け出た。

不具合の部分は主制動装置(ブレーキ倍力装置、負圧低下警告ブザー)。

制動倍力装置のバキュームポンプの作動を制御する負圧スイッチにおいて、製造時にスイッチ内のシリコンゴムの二次加硫をしていないものがあり、スイッチ内にシロキサン等のガスが発生し、可動接点が固定接点から離れる際のアーク放電により、接点部に絶縁性の高いシリコン化合物が生成されることがある。

そのため、接点の抵抗が増え導通不良となり、負圧タンク内の負圧が低下しても、負圧スイッチが作動しないためバキュームポンプが作動せず、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがある。

また、負圧タンク内の負圧が低下した際,警告ブザーが鳴るが、音量が小さいため、運転者が負圧低下に気付かないおそれがある。

改善措置は、二次加硫していないシリコンゴムを使用している負圧スイッチを良品に交換する。また、全車両、警告ブザーを対策品に交換する。

リコール対象車の台数は計23台。不具合の件数は0件、事故はなし。

■型式等
型式:WDR-F20D
通称名:三菱フォークリフト
車台番号:F20D-00032~F20D-10129(2014年7月8日~2016年12月23日))
対象台数:23台

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集