川崎汽船/タイの倉庫・コンテナデポ会社がISO28000とC-TPAT認証を取得

2017年12月27日 

川崎汽船は12月27日、タイ国内で倉庫業・コンテナヤードデポ業を運営している関連会社のK Line Container Service (Thailand)(以下:KCST社)が、サプライチェーンのセキュリティーマネジメントシステム=ISO28000とC-TPATの認証を取得したと発表した。

<KCST社員一同>
KCST社員一同

タイの物流関連企業におけるISO28000とC-TPATの認証取得事例は数少なく、先駆的事例となる。

KCST社は1989年設立以来、地域密着型の高品質物流サービスを提供し、2015年にはレムチャバン港の近郊にコンテナデポ、トラックデポ、倉庫を集約した最新鋭の物流センター(K Line Bang Phra Logistics Center)を新規開設し、現在はタイ国内で4拠点を有する総合物流企業となっている。

同社は貨物の「安全品質」確保に着目し、その品質の証明となるISO28000とC-TPAT認証取得に向けて、従業員一丸となって取り組んできた。

なお、ISO28000は、物流全体のテロ対策の一環として、物流監視機能の強化、密輸の撲滅、海賊行為・テロ攻撃の脅威への対処、そして安全なグローバルサプライチェーン体制の整備を目的とした企業、団体等の保安レベルの向上に資するための国際規格。

C-TPAT (全称: Custom-Trade Partnership Against Terrorism)は、米国税関が米国貿易関係者(船会社、港湾事業者、内陸輸送業者、製造者、荷主、倉庫業者など)に対し参加を呼びかけているテロ防止・治安確保のための税関・産業界提携活動のこと。参加企業はC-TPATプログラムに示された安全基準を実施し、優良と認められた場合、迅速な通関処理などのメリットが得られる。

最新ニュース

物流用語集